KATOキハ58をr177対応にする?

ジャンパ栓をまとった姿に一目惚れして、TOMIXのも持っているのに後先考えずに購入した2018年フルリニューアルのKATOキハ58ですが、そのままでは半径177mmのミニカーブレールは通過できません。

画像


が、よくよく調べてみると、通過できないのはトイレ側を向かい合わせにしている場合であり、運転台側を(少なくとも片方)使えば、ぎりぎり通過できました。

ということは…、トイレ側のカプラーを長くすればイケるかも。
ということでAssyのカプラーを入手。

画像


キハ58のカプラー(6113C3)は、運転台側とトイレ側とでは長さが違い、運転台側のほうが長いです。
また、車体に取り付けるツメの位置も異なります。

他方、オハネフ24増結前面カプラセット(5170-2C3)は、長さはキハ58の運転台側と同じ、ツメの位置はトイレ側のものと同じです。

ということは、トイレ側を5170-2C3に置き換えればよいということになります。


r177を走れました(^o^)/
KATOの動力はスローも効いて良いですね。
連結面間が1.5mmほど広がりますが、個人的には許容範囲でした。

画像


なお、運転台側同士で連結する際、ジャンパ栓が両方にあると干渉します。
r140-30度のS字は走れません。また、r177のS字は試しておりませんのであしからず。

画像


それにしても室内灯の色味とムラが…(;_;)

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック