TOMIXポイントの歴史(片側選択式ポイントがあった)

内容はタイトルのとおりですが(^^;、少なくとも2016年のカタログの時点では、Y字以外の2叉ポイントは現在の完全選択式ではなく片側選択式でした。
(型番の最後に (F) が付いているのが完全選択式、無いのが片側選択式)

また、片側選択式ポイントには、ギャップスイッチなるものが内蔵されていたようです。

そういえば今作成中の900x450レイアウトは完全選択式の利点を活用して作成していますね、、本線からヤードへの通電、ヤードから本線に入ったあともそのままスプリングポイントとして利用して本線を周回できる。

画像


画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック